PICKUP PICKUP
prev
next

※HPからのチケット予約受け付け締め切りは、公演日一週間前までとさせていただきます。

7/5(水)

STILL CRAZY (JINO-MASA-FUYU トリオ)
大好評にお応えしての第2弾公演

STILL CRAZYアー写

マサ小浜(g) 日野JINO賢二(b) FUYU(ds)

前回のライブから、大好評と次回公演への熱望を受け名古屋公演第2弾が決定!アメリカでの活動を経て、日本の音楽シーンにおいても最高のトリオによるスペシャルライブ!音楽への深い敬愛、今までの背景、そして本能的な感性から繰り出されるグルーヴはまさに極上。最高に刺激的でスリリングな3人のインタープレイに酔いしれる贅沢をあなたに。

MASA: http://masakohama.com/
JINO: http://ameblo.jp/jinobass/
FUYU: http://www.fuyudrumz.com/

BL cafe(ボトムライン1F)

Open)7:00PM Start)7:30PM
前売)¥5,000 当日)¥5,500
〈入場時にDrink代¥500別途必要〉

6月7日発売

7/10(月)

櫻井哲夫“Nothin’ but the Bass”2017 ~DVD『密着365日』&WARWICKシグネチャーモデル完成記念~

0711櫻井哲夫

出演:櫻井哲夫(b)
Opening Act:sunagimo

日本を代表するフュージョンバンド「カシオペア」での活動を経て、そして現在はソロとして活動をしている櫻井哲夫。オリジナル曲・プレイは、派手さと安定感を共存させた「独特の暖かさと激しさ」を持ちフュージョン界の第一線を走り続けている。チョッパー奏法がふんだんに盛り込まれたスタイルはまさに超絶技巧。ぜひ会場で体感して下さい。

櫻井哲夫:http://www.tetsuosakurai.com/

Open)6:30PM Start)7:30PM
前売)¥4,000 当日)¥4,500
学生前売)¥2,000 学生当日)¥2,500
※BL予約のみ/購入時学生証要提示
〈入場時にDrink代¥500別途必要〉

3月25日発売

7/12(水)

Bobby Caldwell

0720bobby caldwell

出演:ボビー・コールドウェル(vo,key,g)

ボズ・スキャッグス等と並んで“ミスターAOR”との愛称を持つボビー・コールドウェル。ここボトムラインには昨年7月以来、丁度1年ぶりの登場だ。 1951年8月15日ニューヨーク・マンハッタンに生まれ、幼少の頃父親からプレゼントされたギターがきっかけで音楽に目覚め、シナトラ、カウント・ベイシーに始まり、ビートルズなどの数々のポップソングに傾倒した後、22歳の時にリトル・リチャードのバンドに参加し、1976年「ザ・ハウス・イズ・ロッキン」でデビュー。これが世界中でこれがスマッシュ・ヒット。代表作としてはボズ・スキャッグズのカム・バック作『ジ・アザー・ローズ』へ提供した「ハート・オブ・マイン」であろう。四半世紀以上の時を経てMr.AORとして未だ顕在であるボビー・コールドウェル。2017年また、身近で彼の歌声とサウンドシャワーを体感できるボトムラインが、極上の空間となる。見逃すな!!

Bobby Caldwell:http://www.bobbycaldwell.com/

zipfm_logo

【1st】Open)6:00PM Start)7:00PM
【2nd】Open)9:00PM Start)9:30PM
指定席)¥12,000 スタンディング)¥9,500
〈入場時にDrink代¥500別途必要〉
主催:ボトムライン
※代金引換のみの受付となります。

4月22日発売

7/22(土)

sources(ソーシズ) LIVE TOUR ~ 夏祭り 2017

sources2016(1)

桐朋学園大学在学中に結成された男性3人組インストゥルメンタルPOPSユニット。ヴァイオリンとピアノというクラシック楽器を使って演奏される彼らの音楽は、ジャンルにとらわれることなく、力強く激しいものからしっとりとしたバラード調まで幅広く、耳にも目にも魅力的。心を惹きつけられること間違いなし。ぜひご覧あれ。

sources:http://sourcesbox.com/

BL cafe(ボトムライン1F)

Open)4:30PM Start)5:00PM
前売)¥4,000 当日)¥4,500
小学生以下前売)¥2,000 当日)¥2,500 ※BL予約のみ
〈入場時にDrink代¥500別途必要〉
※3歳以下入場不可

6月11日発売

HOME